イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・
1巻ネタバレ、感想をレビューしています。

 

期間限定オトク情報
イジメラレ体質
お見合い相手の太い指でイク・・・
第1巻が10円キャンペーン中です!
(2018年3月1日まで)

無料立ち読みと本編はこちら
♥画像をクリック♥
[コミックシーモア]【2月】【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイク・・・1巻ネタバレ

「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」1巻は、

 

「やだっ・・・」

 

「このままじゃ、イッてるのバレちゃう・・・」

 

お見合い相手の太い指でアソコを触られて、イキそうになってしまう巴。

 

「この男を騙して盛大にフッてやろう。という計画が失敗しちゃう・・・」

 

学生時代にイジメラレた仕返しをしようとしていたのに、このままではカラダが京介を求めてしまう大ピンチ・・・

 

「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」は1巻から、

 

とってもエッチな内容に

なっています♥

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイク・・・1巻あらすじ

 

「俺たち、もう別れよう・・・」

 

「急にどうしたの?嫌いになったの?」

 

交際相手に電話で別れ話をされている巴。

 

巴は恋愛が苦手な女の子。

いつも向こうから

「付き合って下さい。」

と言い寄られるのに、

決まって相手から

「別れたい。」

と言われてしまうのです。

 

 

今までお付き合いした男性は3人。

 

3人とも、

「別れたい」

と言ってきたのは相手から。

 

しかも、

別れたい理由

は、ハッキリと教えてくれないのです。

 

 

今年で27才。

そろそろ結婚だってしたい巴。

 

またフラレて落ち込んでる巴を見た母親。

 

「お見合いしましょう!」

 

お見合い写真を何枚も用意していました。

 

「ママが巴の年には3人も産んでいたのよ?」

 

「もっと焦りなさいよ!」

 

お見合いを勧められても、
巴にはお見合いをする気持ちなんて全然ありません。

 

結婚は恋愛の延長でするもの。

お見合いで結婚するなんて考えられない。

 

というのが巴の考えでした。

 

 

「お姉ちゃんは見る目がないのよ!」

 

「電話で別れ話をする男ばっかり選ぶんだから。」

 

理想を追いかけている巴に、
先に結婚して子供も産んでる妹は冷静に言ってくるのです。

 

 

妹に言われなくても

自分には男を見る目が無い。

という事はわかっていました。

 

でも、

どんな男性が自分に合うのか。

なんて全然わからないのです。

 

「そういうのは年を取れば自然に分かるもの」

だと思っていたのです。

 

 

「いったい私の何がダメなんだろう・・・」

 

失敗続きの恋愛で
上手くいかない自分に落ち込む巴。

 

「地味でブスだからに決まってるだろ!」

 

そんな事を考えていると、
いつも巴の頭の中に浮かんでくるのは、中学時代に毎日毎日イジメラレた同級生の男の子の顔。

 

 

「ママの知り合いの息子さんなんてどう?」

 

 

恋愛しても上手くいかずに結婚出来ないなら、会うだけ会ってみるか・・・

 

そう思った巴は、
母親の知り合いの息子とお見合いをすることに決めたのでした。

 

 

お見合い当日--

 

お洒落をして
お見合い相手を待つ巴と母親。

 

「写真くらい見とけばよかった・・・」

 

写真も見ずにお見合いに来てしまった巴。

 

どんな相手が来るのか
緊張でいっぱいなのでした。

 

 

「遅れて申し訳ありません。」

 

しばらく時間が経って、
遅れてやって来たお見合い相手。

 

「カッコイイ・・・」

 

身長が高くてイケメン。

爽やかそうな雰囲気に落ち着いたしゃべり方。

 

巴はお見合い相手を見た瞬間に、一目惚れしてしまうのでした。

 

 

「はじめまして。細川巴です。」

 

深々とお辞儀をして挨拶すると、

 

「はじめましてじゃないな・・・」

 

巴は見たことも無い男性なのに、お見合い相手は不思議な事を言い出すのです。

 

 

「あらやだ巴。気づかないの?」

 

「同級生の蟹田君よ?」

 

 

蟹田という名前を聞いて、
一気に思い出す中学時代の思い出。

 

巴のお見合い相手は、
中学時代の3年間、巴を毎日イジメてきたトラウマになってる男の子だったのでした。

 

 

「最悪だ・・・」

 

忘れたくても今だに忘れられない記憶。

その男の子が自分のお見合い相手だなんて・・・

 

急いで帰ろうとする巴。

 

「久しぶりに会ったのにすぐに帰られるのは寂しいな・・・」

 

「もう少し、話していかないか?」

 

巴はお見合い相手が母親の友達の息子という事もあって、仕方なく席に戻って話しをすることにしたのでした。

 

 

「頃合いを見て逃げよう・・・」

 

会話が無いのも失礼なので色々と質問していく巴。蟹田と再開して1つ気になっていた事がありました。

 

 

「お見合い相手が私って・・・」

 

「知ってたんだよね?」

 

 

どうして学生時代に毎日イジメてた女の子がお見合い相手なのに、お見合いを受けることにしたのか気になっていたのです。

 

 

「お前なら扱いやすいと思って。」

 

「お前はどうせ結婚できれば誰だっていいんだろ?」

 

「俺ならすぐにお前をもらってやれるぞ?」

 

「昔と何も変わってない・・・」

 

学生時代と同じで自分の事しか考えない男。

卒業してから何年も経ってるのに、昔と同じ扱いをされた巴は復讐をする事を思いついたのです。

 

「私、結婚相手が誰だっていいなんて思ってないよ。」

 

「京介、カッコよくなってるし・・・。」

 

「私、もう少し京介と一緒にいたいな・・・」

 

京介をその気にさせて、盛大にフッてやろう。

 

と考えたのでした。

 

京介を騙したまま、
デートを重ねていく2人。

 

何も知らずに巴を結婚相手として、とても優しく接してくれる京介。

 

数回目のデートの日。

 

ついに巴は京介に

真実を話すのでした・・・

 

 

期間限定オトク情報
イジメラレ体質
お見合い相手の太い指でイク・・・
第1巻が10円キャンペーン中です!
(2018年3月1日まで)

無料立ち読みと本編はこちら
♥画像をクリック♥
[コミックシーモア]【2月】【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・1巻感想

イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・1巻。

とっても面白い内容で満足でした(●´ω`●)

 

いつも男性から
「付き合って下さい。」
と言われるのに、
別れバナシは相手から。

こんな理不尽な事ばかりで可哀想な巴ちゃん(。>ω<)

 

母親にも妹にも心配されて
お見合いを進められてしまいました。

 

やって来たのは超イケメンの男性。

でも、
それは今でもトラウマになってる
中学時代に3年間毎日イジメてきた憎き男。

 

お見合い相手は、同級生だった巴。

という事を知っていて
お見合いに来たという事は、結婚する気持ちがあるという事。

 

相手の気持ちを利用して復讐するなんて、よっぽど根に持っていたんでしょうね。

 

でも、
京介は巴が思っていたよりも
オトナの男になっていて。

優しいし、カッコイイし。

「私、愛されてる・・・」

って思っちゃったら、
好きにさせて盛大にフッてやる!

という覚悟も鈍ってしまいます。

 

家の前でキスされて、
色んなトコも触られてしまってイキそうに♥

 

次回の
「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」
2巻ネタバレも見に来て下さいね!

次回の「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」ネタバレはこちら

 

イジメラレ体質
~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・~

→2巻ネタバレ

期間限定オトク情報
イジメラレ体質
お見合い相手の太い指でイク・・・
第1巻が10円キャンペーン中です!
(2018年3月1日まで)

無料立ち読みと本編はこちら
♥画像をクリック♥
[コミックシーモア]【2月】【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

 

こちらのページで
「イジメラレ体質|お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」
を最新話まで全話まとめています。

 

お時間があれば是非、遊びに来て下さいね!

 

→イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・全話まとめ

 

最後まで「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ・・・ク・・・」1巻ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました。